2010年 08月 31日

さよなら、アルマ

本屋さんで戦争に送られた犬の本を見つけました。日本語を読むスピードが遅い僕は
1日に15~20ページですが、素晴らしい本だなーと思うので紹介します。

「さよなら、アルマ」サンクチュアリ出版

日本が第二次世界大戦で戦っている時、人間だけでなく、犬も戦地に送られたそうです。
犬たちは、厳しい訓練を受け、戦い、何万匹もの犬が命を落としたそうです。
戦いたいわけでもなく、人間の勝手で武器にされた犬たちがかわいそうで
悲しい思いになります。
また、大切な家族である犬を戦争の為に失った飼い主の気持ちを考えると
本当に悲しい気持ちになります。

今の日本でも、自分の都合で犬や猫を捨てる勝手な人たちがいて許せない気持ちになります。
いつも人間の勝手で犠牲になる動物たちの気持ちを考えると腹立たしいです。
命の大切さを書いた本、皆さんも読んでみてください。

エットハミアメド
f0224425_1813314.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-08-31 18:13 | おすすめ本


<< ラマダンが終わりました      暑いですね >>