<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

ラタトゥイユ フランスの味

この前、シャスールのお鍋を買いました。シャスールはフランス北部、シャンパーニュ・アルデンヌ地方にある
鋳物ホーローの会社の製品です。鋳物なので熱の伝わりが早く保温力も抜群。
ややお値段が高いのですが一生使えるものです。僕はピスタチオ色を購入。
実はルクルーゼやストウブも欲しい僕ですが、、高いので少しずつ集めたいです。

今日はこのシャスールを使ってフランスの家庭料理の定番、ラタトゥイユを作りました。
このレシピはフランス人の友達のお母さんから教えてもらいました。
いろんな人、ビストロのラタトゥイユを食べてきましたが、僕が一番おいしいと思った味。
野菜の甘みがたっぷりのおいしさです。
作りたてもおいしいですが、翌日はさらにおいしくなるのでいつも大きな鍋で僕はたっぷり作るんです。
f0224425_18111458.jpg

★ラタトゥイユ★
材料(4人分)
なす 2本(皮をむいて小さな四角に切る)
たまねぎ 2個(小さな四角に切る)
パプリカ 2個(小さな四角に切る)
ズッキーニ 2本(小さな四角に切る)
トマト缶 2個
にんにく 3片(みじん切り)
ベイリーフ 1枚
オリーブオイル 大さじ1杯
塩 大さじ2杯

1.小さな四角に切ったナスをざるにいれ、塩をかけておく。
2.鍋にオリーブオイルをひき、にんにく、たまねぎを数分炒め、さらにパプリカ、
ズッキーニ、トマト缶、ベイリーフを加える。
3.両手でナスを絞り水分を切り、2に加える。
4.30~40分弱火でコトコト煮込む。必要に応じて水を30cc~50ccほど加える。
ベスミッラ♪エットハミアメド
f0224425_18112949.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-04-30 18:11 | 世界料理
2010年 04月 27日

春のタジン

この季節の旬の材料を使ったタジンの紹介です。
日本のこの季節はあさりがたくさんとれますね。モロッコでもあさりはありますがあまりとれないです。
モロッコではムール貝がとれるのでそちらを食べるのが一般的。
モロッコにいるときは、よくムール貝をとりにいって、海岸で食べました。
石にはりついているムールをとって海水を入れた缶にいれ、それを火にかけて食べるんです。
海の味がしておいしい。日本ではムール貝を全然見かけません。残念です。
でも代わりにおいしいあさりが食べれるので嬉しいですけどね!

★あさりとカブラのタジン★あさりからおいしいスープが出るので塩なしでもOK!
材料(2人分)
あさり 好きなだけ(僕は25粒くらい入れました)
カブラ 小さめ2個
ニンジン 半分
さやえんどう ひとつかみ(スジを取る)
にんにく 1片
クミン 小さじ1杯
塩 ほんの少し
ドライパセリ 少し
オリーブオイル 大さじ1杯
水80cc

1.鍋(タジンの下の部分)にオリーブオイルをひき、みじん切りにしたにんにくを炒める。
2.食べやすい大きさに切ったカブラ、ニンジンを並べ、上にさやえんどうをのせ、
クミン、塩、ドライパセリ、水を加え、蓋をして弱火で15分煮込む。
3.あさりを加え蓋をして5分ほど煮込む。口をあけたら出来上がり。
ベスミッラ♪エットハミアメド
f0224425_033271.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-04-27 23:59 | モロッコ料理
2010年 04月 25日

浅漬け&黒豆カレー(『べにや長谷川商店豆料理』パルコ出版より)

f0224425_9184615.jpg

昨日は豆をたくさん買ったので豆で一杯の夕食でした。
おすすめ本『豆料理』から青大豆を使用した浅漬けと黒豆のキーマカレー。
生まれて初めての漬け物つくり。本当においしく出来上がりました。
漬け物が好きですがスーパーで売られているのは少し僕には塩辛いのでイマイチですが
これは塩の量をおさえて、ダシと野菜の味がたくさん味わえるようにしました。
黒豆のキーマカレーはひき肉を使わず高野豆腐を使用するレシピ。
お肉は基本的に食べませんし、イスラム教でハラルミート(食材になる為にある一定の方法で動物さんたちが命を捧げてくれ、処理されたお肉です)しか食べない僕にぴったりのキーマカレー。

★青大豆入り浅漬け★(レシピは本と全く同じです)
材料
青大豆(かたゆでしたもの) 3分の2カップ
キャベツ(ざくぎり)6分の1個
大葉(千切り)3枚
しょうが(せんぎり)2分の1かけ
きゅうり(輪切り)1本
人参(いちょう切り)30g
昆布(2cm角)4枚
塩 適量
だし汁(昆布)3分の1カップ
青大豆の煮汁 4分の1カップ

1。青大豆はやや歯ごたえがあるくらいに茹でる。塩少々ふっておく。
2。材料を全て混ぜて軽くもみ、ファスナー付き保存袋に入れて空気を抜き2〜3時間漬ける。
f0224425_9961.jpg


More
[PR]

by moroccantable | 2010-04-25 09:15 | おすすめ本
2010年 04月 24日

べにや長谷川商店の豆料理

今日は素敵でおいしい豆料理本のご紹介。
『べにや長谷川商店の豆料理』パルコ出版

日本で作られる豆の種類や豆の扱い方まで詳しく書かれていてこの1冊があれば
豆おにぎりやパスタからおはぎ、どら焼きなど和菓子まで作れるようになります。
パティシエの僕はこのヘルシーなお菓子をたくさん作りたくなる気分に。
料理が大好きな僕にとって家でたくさん使いたい1冊です。
お料理もおいしいのですが、同時に本で使用されている器がいい。中にはコセマ(モロッコの陶器メーカー)も。
f0224425_23183.jpg

モロッコ料理では豆をたくさん使いますが、実は日本のようにいろんな種類の豆ができません。
この本を読んで初めて出会う豆たちに本当に驚きました。
皆さんパンダ豆やおかめ豆って知ってますか?模様があっておもしろいですが、モロッコのみんなに見せたら虫だーとびっくりしますよ。
今日丸栄デパートでこの本で紹介されている豆のほとんどが売られていました。売り場のおばさんから北海道と丹波の豆をいろいろと教えてもらいたくさん買ってしまいました。エットハミアメド
f0224425_230224.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-04-24 23:02
2010年 04月 21日

黒川温泉・小田温泉に行きました

旅行が大好きで頑張って年に数回旅行しています。
国内は高いのであまり行けませんが少しずつ!

4月19日から1泊2日で熊本県の黒川温泉に行って来ました。温泉大好きです。
モロッコではハマムと呼ばれるスチーム風呂(サウナ)があります。

名古屋から飛行機で福岡へ。そこから黒川温泉行きの高速バスで3時間。
遠かった~。でも行った価値がありました。

宿泊したのは、黒川温泉から車で5分の小田温泉にある『離れの宿 山咲』
部屋は全部離なれで露天風呂つき。部屋によって露天風呂の形など異なっています。
平日のお得プランで泊まりました。ちなみにこの宿はゴールデンウィーク前が一番静かな時期だそうで
他に誰もお客さんがおらず、大露天風呂など全部貸切り。のんびりしたい人には狙い目の時期だそうです。

翌日は黒川温泉を散歩。約24の宿があり、手形を買うといろいろな
宿の露天風呂に入れるそうです。黒川温泉周辺は観光客のお客さんがたくさんでした。
午後の福岡に戻るバスの時間まで足湯でのんびりしたりおしゃれなカフェやお土産屋さんを見て周ったり。

楽しい2日間でした。エットハミアメド
オーナーと一緒に
f0224425_19314025.jpg
山のものが一杯
f0224425_1932857.jpg

f0224425_19325261.jpg
f0224425_1933172.jpg

部屋にある露天風呂
f0224425_19333316.jpg
大露天風呂
f0224425_19335378.jpg

黒川温泉風景
f0224425_19361083.jpg
f0224425_19353321.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-04-21 19:36 | 旅行
2010年 04月 18日

タンドリープラウン with きーさんのタンドリーペーストで!

今日は料理上手なきーさんのタンドリーペーストを使ってタンドリープラウンを作りました。

ペーストの作り方はこちらです。
作り方はここ

★タンドリープラウン★
材料(2人分)
えび 12〜14匹
タンドリーペースト 

1.ボールにタンドリーペーストを作り、その中にえびを1時間程つけておく。
えびは皮をむいてもそのままでもお好みで。(僕は着せたままつけました)
2.オーブンまたはフライパンで焼く。(今日は僕はフライパンで焼きました)

去年インドのいろんなレストランでタンドリーチキンやタンドリープラウンを
食べましたが、このきーさんのタンドリーペーストはあるお店の味にそっくり。
マイルドでほんの少しだけぴりっとして癖になる味。
今度はツナを使ってティッカを作ろうと思います。
ベスミッラ♪エットハミアメド
f0224425_23363534.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-04-18 23:36 | 世界料理
2010年 04月 13日

セミフレッド イタリアのアイスクリーム

今日は簡単にできるセミフレッドの紹介。お店でも出している味と同じなので本当おいしいですよ。

セミフレッドはイタリアのお菓子でフローズンムース。冷凍庫で固めますが、なめらかで
口の中でとけていくフローズンムース。ライムとレモン汁をたくさんいれるので甘すぎずさわやか!
f0224425_2082974.jpg

★セミフレッド フローズンムース★
材料(小さめのグラスに5個~6個分)写真の器は高さ5cmのミニ器。これだと15個分くらいです!
ライム 1個
レモン汁 90cc
板ゼラチン 1枚
<イタリアンメレンゲ>
グラニュー糖 100g
水 30g
卵白 60g(2個)
生クリーム 220g

1.生クリームをツノが立つくらいにあわ立て冷蔵庫に入れておく。
2.ライムの皮をすりおろしボールに入れておく。(チーズ用のおろし器などですりおろす)
3.レモン汁を鍋に入れ温める。小さな器に適量の水を入れ板ゼラチンをふやかす。ふやかしたら器からゼラチンを取り出し温めた鍋に入れゼラチンを溶かす。
4.2のライムのボールに3を入れる。
<イタリアンメレンゲを作る>
5.鍋にグラニュー糖、水を入れ120℃まで煮詰めシロップにする。(沸騰後、3分経過した時点で120℃になります)。
6.卵白をボールにいれ、泡になるまであわ立てる。ミキサーであわ立てるのが簡単。あわ立てながら同時に1の熱くなったシロップを少しずつ加える。(細い糸をたらすように)全て加えよくあわ立てる。さらにどんどんあわ立てる。ここでできる限りたくさんあわ立てることが大切。ボールが人肌程度の温度になったら泡立てるのをやめる。
7.6で出来たイタリアメレンゲを4に加え、ホィッパーでよく混ぜる。
8.7に冷蔵庫に入れておいた生クリームを加えゴムベラでざっくりと混ぜ合わせる。それをカップやグラスに入れ冷凍庫で固める。甘酸っぱくておいしいよ!
ベスミッラ♪エットハミアメド
[PR]

by moroccantable | 2010-04-13 20:09 | デザート
2010年 04月 12日

ふわふわワッフル with いちじくコンポート

パティシェとして手の込んだケーキを毎日作るので家ではシンプルなデザートをよく作ります。
イチジクをスーパーで見て、季節じゃないからまだ高いのに買ってしまいました。
モロッコではイチジクがたくさん取れるのに日本では高くてなかなか買えません><;
作ったのはふわふわワッフル イチジクのコンポート添え!

★ワッフル イチジクのコンポート添え★ワッフルメーカーを使います!
材料(4人分くらい)
<ワッフル>
菓子用小麦粉 125g(スーパーや明治屋などで売ってます)
ベーキングパウダー 5g
卵 1個
塩 小さじ半分
バター 35g(溶かす)
牛乳 180g
グラニュー糖 15g
<イチジクのコンポート> 作りやすい量で作ってます。
イチジク 3個
グラニュー糖 100g
水 300g
レモン 半分
シナモンスティック 半分
バニラビーンズ 3cm(縦におき半分に切る。中の粒は捨てないこと)

1.小麦粉、ベーキングパウダー、卵、塩、バター、牛乳をボールに入れよく混ぜる。
小麦粉の玉がなくなるようしっかり混ぜること。
2.1を裏ごし器や茶こしでこす。
3.ワッフルメーカーに溶かしバターを少し落とし、生地を入れて焼く。
<コンポート>を作る
1.鍋に水、グラニュー糖、レモン、シナモンスティック、バニラビーンズをいれ沸騰させる。
2.ボールに半分に切ったイチジクを入れ、そこに1を入れる。冷蔵庫で1晩おくと味がしみこみおいしくなる。
ワッフルにイチジクのコンポートとシャンティ(生クリームに砂糖をいれたもの)を添えて!
ベスミッラ♪エットハミアメド
f0224425_20272148.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-04-12 20:28 | デザート
2010年 04月 11日

ナスとトマトのパスタ

シンプルなパスタをランチに作りました。これもイタリアで覚えた味。

★ナスとトマトのパスタ★
材料(2人分)
ナス 1本(または小さめ2本)
トマト缶(カット) 半分
にんにく 1片
塩 少し
オリーブオイル 大さじ5杯

1.フライパンにオリーブオイルをいれ、輪切りにしたナスを軽く両面焼く。
2.ナスが少ししんなりしたら、みじん切りにしたにんにくを加え少し炒める。
3.2にトマト缶、塩をいれ、ナスがしんなりと柔らかくなったら茹でたパスタにからめて完了。
ベスミッラ♪ エットハミアメド
f0224425_2029375.jpg

[PR]

by moroccantable | 2010-04-11 23:21 | 世界料理
2010年 04月 09日

レモンの塩漬け 

モロッコ料理などで煮込み料理によく加えるのが塩漬けレモン。
すっぱりレモンを塩につけて更にすっぱくならないか?というと、それほどすっぱくならず
むしろ少しマイルドな感じになります。

作るのは簡単。一度作れば保存食だから長持ち。1年以上、十分使えます。
漬けてから出来上がるまでに1ヶ月半~2ヶ月ほどかかるので1日でも早く作ってください:)

★レモンの塩漬け★
ガラス瓶(密封できるもの)
レモン (ガラス瓶にぎゅうぎゅう押して入るくらいの数)
天日塩(モロッコでは天日塩を使います。スーパーに売ってます)

250~300mlの瓶で作る場合

レモン 3個
天日塩 100g

1.熱湯で瓶を消毒し、綺麗な布きんで水をふき取る(モロッコではオーブンで瓶を熱して消毒)
2.レモンをよく洗い水をふきとる。タテにおいて上から切り込みを入れる。(写真参考)
深く切り込みを入れるが、切り落とさないこと。
3.切り込みの間に塩をたくさんつめこむ。つめこんだら、瓶にぐいぐい押し込む。塩があまっていたら
上からふりかけ蓋をする。
4.数日後、レモンから十分に水分が出ているか確認する。瓶の半分くらい~以下までしか
出ていない場合は、沸騰したお湯をレモンが全部かぶるくらい入れる。
5.日のあたらない暗い場所に1ヶ月半~2ヶ月おいて出来上がり!
f0224425_15471265.jpg


出来上がるまでの期間も完成後もモロッコでは冷蔵庫に入れません。
保存食なので基本は冷蔵庫に入れなくていいと思います。




エットハミアメド
[PR]

by moroccantable | 2010-04-09 15:51 | モロッコ料理